忙しくなって来ました!

2021.09.15 ブログ

今現在一番の問題と言えば 「コロナウイルス」 の事。

会社所在地の神奈川県も、緊急事態宣言下にありますので

不要不急の外出を避け、密になる行為を避け

マスク着用はもとより、手洗いうがいなどの徹底は当たり前なのですが

6月から9月一杯までは、炎天下での作業となりますので

当然汗まみれ泥まみれになると・・・マスク着用しながらの作業は

「熱中症」のリスクが高まります(苦笑)

ですので、そもそも屋外で「密閉された空間」とは基本無縁であり

ソーシャルディスタンスに関しても、2m以内に近づいて15分以上の共同作業はまずあり得ない。

ですので、弊社としては臨機応変にマスクは外しても良い事とし(厚生労働省も推奨しています)

顎下までカバーできる、シールド格納タイプのヘルメットを支給し

マスク非装着時の会話の際は、シールドを降ろして会話するなどの対策を行っています。

巷では、民間工事の件数は、コロナの影響で建築外構などの工事が減っていたりすると聞きますが

お陰様で、公共工事主体、しかも受注工事の内容も

災害対策に繋がる「水道管の耐震化」工事や「浸水対策の為の雨水管」工事などが主なため

行政側からの「いつ起きるか分からない災害に備えて、感染防止に留意しながら施工を継続して欲しい」

そんな要請が有りますので、結果としてコロナ過でも仕事量は変わらないと言う現状です。

とは言え、コロナ対策の為に設備の見直しや、支給品などを整える為に経費も掛かっておりますし

平時とは言えない手間暇も掛かっておりますが・・・

ただ、先月8月に関しては、いつに無く仕事が薄く、さてどうしたものか…などと考えて。

これまで人手不足な事も有り、本当に忙しくしていたスタッフの労をねぎらう意味では

盆休みを都合8日間と長く取ったりする事で、ゆっくりと過ごして貰うのも良いかと思っておりました。

そして9月に入り、そろそろ仕事量を確保しなければと言うタイミングで

元請け、下請け共に、仕事を受注する事ができまして

今度は「人手が足りない」と言う、ある意味「嬉しい悲鳴」の状況です。

コロナの影響で仕事を失った、安定した収入が見込めなくなった・・・・そんな方がおりましたら

是非一度お会いしませんか!

地域に根付いて60年以上続いている弊社。

オイルショックやバブル崩壊など、様々な国を揺るがすほどの困難を乗り越えて来た弊社。

決して大きな会社では有りませんが、安定感には自信が有りますし

全くの初心者でも「やる気」が有れば問題無し!

作業員、現場管理職 いずれもまだまだ募集中ですよ。

興味のある方は、当ホームページの「募集要項」をご覧くださいね!

ブログ一覧へ
ページトップへ